八幡店

塗装工事と一緒にコーキング工事

本日はコーキングについてお話しようと思います。

(地域によってはシーリングと呼ばれることもあります。)

コーキングとは、充填剤を入れ、壁と壁の隙間を埋めることを言います。

コーキングをすることで、建物内に侵入する雨水などを防ぐ効果や、建物が揺れた時に外

壁のズレやひび割れを和らげることができます。

では、どんな外壁材に使用されるのでしょうか?

主に、サイディングやALCパネルなどの貼り合わせてある外壁材に使用されます。モルタルの外壁材では、隙間がほとんどないためコーキングがない場合が多いですが、ひび割れ補修などで使用することもあります。

コーキングの交換時期のサインはいくつかあります。

1つ目は、「ひび割れ」です。コーキング剤はゴムのような弾力性のあるものです。長い間紫外線に晒されていると、その弾力性を失ってしまいます。2つ目は、「肉やせ」です。コーキング剤には可塑剤というものが含まれます。劣化が進むと、可塑剤が溶けてしまい、肉やせの原因になります。

ご自宅のコーキングがどのような状態か一度見てみるといいでしょう。

次回は、コーキングの施工方法についてお話したいと思います。