八幡店

安全に丁寧に施工するために必要な足場にはいろんな種類があります!

塗装をするときに足場を組みますが、足場には種類があります。

「単管足場」

単管(パイプ)を繋いで組み立てる足場で、足を乗せるところがパイプなのでバランスをしっかり取らないと危険です。ただ、スペースが狭い住宅地などでも組むことができるメリットがあります。

「クサビ足場(ビケ足場)」

金具を打ち込んで組み立てる足場で、足を乗せる板の幅が広いので安全に作業することができます。また、比較的簡単に組み立てることができるので、金額もそこまで高くありません。

「枠組み足場」

強度が強く、安全面も高いことから、ビルやマンションなどの高層の建物に使用されています。ただ幅が広いので、十分なスペースがないと組み立てることができません。

「吊り足場」

上から吊り下げて使用できる足場です。橋梁工事や高層ビルの吹き抜け箇所のメンテナンスなど一般的な足場の組立てができない場所で使用されます。吊り下げているので事故のリスクが高いため慎重に作業しなければいけません。

足場にはいろんな種類があり、そのすべてにメリット・デメリットがあります。多くの建物の工事には、必ず足場が必要です。安全に丁寧な施工を行うために足場の重要性をもう一度考えてみましょう。